歯科医関連の情報を収集してます


by oxej06t20p

DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)

 警察庁が管理する「DNA型記録検索システム」に人物を誤った情報が登録され、神奈川県警が窃盗事件の容疑者として事件とは関係のない男性の逮捕状と家宅捜索令状を取っていたことが、県警への取材で分かった。

 県警によると、事件は横浜市旭区の飲食店で昨年11月、経営者の70代の女性がバッグを置き引きされた。現場に残っていた犯人のものとみられる遺留物のDNA鑑定をし、検索したところ、男性の型と一致。県警は鑑定結果や目撃情報などから、窃盗容疑で男性の逮捕状と家宅捜索令状を取り、自宅を家宅捜索、旭署に任意同行した。男性は容疑を否認したため、検体を任意提出してもらい、DNA型鑑定をした結果、男性の型と登録されていた型は全く別のものと判明した。

 男性は平成19年に横浜市神奈川区内でひき逃げ事件を起こして逮捕されており、検体を任意で提出。県警は「当時、複数の検体があり、取り違える可能性があった」としており、別人の検体が男性の検体として登録されていた。誰のものかは不明で、男性の本来の検体は紛失したという。県警は「科学捜査研究所に検体を送る前に署で名前を取り違えた可能性がある。原因を調査している」としている。

【関連記事】
三崎事件 血痕のDNA型鑑識へ
福岡の切断OL、ブログで「交通事故の相手と紛争」 周辺トラブル判明
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯
スナック経営者殺害の裁判員裁判 DNA鑑定で裁判員から質問 静岡地裁
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討

<日本鋼管病院>看護師勤務表、全員が「平日・日中8時間」(毎日新聞)
<火災原因>ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査(毎日新聞)
<国家戦略相>高効率石炭発電も 国際協力銀の融資先で検討(毎日新聞)
強盗致死、検察審が1人を「不起訴不当」…茨城(読売新聞)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
[PR]
by oxej06t20p | 2010-03-26 10:06